名刺をデータ化することが可能|効率アップに欠かせない

女の人

テキストへと変換するため

名刺

名刺をパソコンで参照できるようにしたいのなら、画像としてではなく、テキストとしてデータ化しましょう。そうなると、一枚ずつ入力する必要がありますが、そちらは業者に頼めば、変わりにやってもらえるので、手間をかけずに名刺をデータ化できます。

情報を外出先で確認する

男性

営業の効率をあげる

営業ツールとしてかかせないのが、名刺です。社会人として初めての挨拶時には必ず持参するものになります。相手の名前や所属先、連絡先が記載されており、それ以降の連絡手段として重要になります。ただ、名刺1枚はさほど荷物にはなりませんが、多くの場合持ちあることはなく、会社のデスク等で管理をすることがほとんどです。頻回に訪問する先のでは、相手の名前や所属先もしっかりと覚えるため、特に問題ないのですが、あまり頻繁に訪問しない先や、出先にいるときに突然連絡を取らなければならなくなった時に、手元に名刺がなく慌てて会社に電話して、自分の机の名刺を確認してもらうということが、外に出ている方は一度は経験があることだと思います。このような場合に、データ化は非常に役に立ちます。例えば、頻回に訪問しない先に訪問し、受付で相手の所属がわからなくなった場合、データ化した情報をスマホに保存しておけば、検索をしてすぐに対応することが可能です。また、突然の連絡が必要になった場合でも、同様にデータ化された名刺情報を出先のスマホで確認できます。また、社内にいる場合でも、紙の名刺は探すのに時間がかかることが多いですが、データ化をしておけば、すぐにPC上で検索も可能です。名刺のデータ化は、こういった個人の営業活動の効率化だけでなく、社内での引継ぎにも効果的です。全ての名刺情報をデータ化し管理することで、営業の引継ぎを行う際の名刺の受け渡しは不要になります。また、データ化した情報のソフトによっては、面会情報も記載することができるため、過去のやり取りを確認することもできます。名刺のデータ化は、個人の効率化だけではなく、会社全体としての効率化も推進できます。

お客様を見極める

商談

商談管理をするためのポイントには3つあります。まずは自社に興味を持ってくれているお客様をピックアップすること、そのお客様の決裁者が誰であるかを早い段階で把握すること、そして顧客単価を明らかにすることです。このようにお客様を分析し、分類することで利益を出しやすくなります。

コスト削減に最適

通話

東京は人件費、家賃ともに非常に高額なエリアです。その東京で効率的にビジネスを展開して行く上で頼りになるのが電話代行サービスです。電話代行サービスを利用する事で必要最低限の人員で事業展開を行う事が出来るのでベンチャー起業や個人事業主の方にとっては大きなメリットとなります。